どんどん焼き

山形県

ご当地グルメ

割り箸に巻かれた謎の「お好み焼き」登場!

どんどん焼き

どんどん焼きは、もんじゃ焼きを路上での飲食用に改良した東京発祥の食べ物であるが、山形県村山地方のものは一味違う。それは、持ち運びが便利なように、薄く焼いた生地を割り箸に巻いているのだ。昭和13年頃、大場亀吉がリヤカーで販売したのがはじまりだと言われており、1本の削った木の棒に巻き付けていたが、後進たちには技術的に難しかったため、2本の棒、あるいは割り箸に巻付けるように変化した。また味付けも醤油が一般的だったが、ソースが普及するようになり、醤油からソースへと変わっていった。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 紅ショウガの天ぷら

    大阪府

    C級グルメかも!紅ショウガを刻まずそのままの大きさで天ぷらに

    紅ショウガの天ぷら

  • 近江牛のしぐれ煮

    滋賀県

    ブランド牛を贅沢に使った逸品。食べ方いろいろでお土産に最適

    近江牛のしぐれ煮

  • ビフカツ

    兵庫県

    豚肉ではなく、牛肉を使ったご当地カツレツ!

    ビフカツ

  • かすうどん

    大阪府

    牛の小腸を揚げた「かす」をあっさり出汁の大阪うどんにのせて

    かすうどん

TOPに戻る