ミミガー

沖縄県

伝統的郷土料理

軟骨の歯ごたえとコリコリ食感で、つい手が伸びる「ミミガー」

ミミガー

沖縄の郷土料理で「ミミガー」とは豚の耳のこと。火であぶって表皮の毛を焼いて処理したのち、茹でるか蒸したものを細切りにして使うのが一般的だ。酢やポン酢、辛みそやピーナッツバター等の和え物が代表的な調理法で、コリコリとした軟骨の食感が心地良く、お酒のツマミにもピッタリの食材だ。「ミミガー」はコラーゲンを多く含み、健康や美容に効果があるといわれ、近年では沖縄に限らず首都圏でも見かけられるようになった。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • かんこ焼き

    神奈川県

    四季折々の味を包み込んだ、江戸時代から伝わる素朴なおやつ

    かんこ焼き

  • 馬刺し(熊本県)

    熊本県

    低カロリー高タンパク、切り口が鮮やかな「桜肉」

    馬刺し(熊本県)

  • 烏城黄金ずし

    岡山県

    岡山城をイメージした絢爛豪華かつ地元の幸が満喫できる寿司

    烏城黄金ずし

  • 蒜山おこわ

    岡山県

    小豆や鶏肉、栗などの具材が豊富に入ったしょうゆ味の五目おこわ

    蒜山おこわ

TOPに戻る