ミミガー

沖縄県

伝統的郷土料理

軟骨の歯ごたえとコリコリ食感で、つい手が伸びる「ミミガー」

ミミガー

沖縄の郷土料理で「ミミガー」とは豚の耳のこと。火であぶって表皮の毛を焼いて処理したのち、茹でるか蒸したものを細切りにして使うのが一般的だ。酢やポン酢、辛みそやピーナッツバター等の和え物が代表的な調理法で、コリコリとした軟骨の食感が心地良く、お酒のツマミにもピッタリの食材だ。「ミミガー」はコラーゲンを多く含み、健康や美容に効果があるといわれ、近年では沖縄に限らず首都圏でも見かけられるようになった。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

  • あごちくわ

    鳥取県

    トビウオを丸ごと堪能

    あごちくわ

  • きびなご料理

    鹿児島県

    鮮度が口の中で踊る銀色の小魚、楽しみ方色々!

    きびなご料理

  • 栗おこわ

    佐賀県

    おくんちの席にかかせない料理

    栗おこわ

TOPに戻る