ぐじのかぶら蒸し

京都府

伝統的郷土料理

ねっとりとしたあんと、柔らかな白身魚のぐじが絶妙な逸品

ぐじのかぶら蒸し

かぶら蒸しは京都では定番の冬を代表するおばんざいの代表。京都ならではの食材である、ぐじ(あまだい)と聖護院かぶらを材料とする。かぶらはすりおろして卵白を混ぜ、ぐじ(あまだい)、銀杏、木耳、百合根などとともに蒸し、銀あんをかける。ねっとりとしたあんが、柔らかい白身魚のぐじにからみ、寒い冬には体を温めてくれる最高のメニュー。京都においては、かぶらは海老芋と双璧をなす冬の味覚の代表の味覚とも言われている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • きりたんぽ鍋

    秋田県

    新米の季節に味わうねぎらい料理は給食でも人気

    きりたんぽ鍋

  • まぜ御飯

    愛知県

    季節の幸をふんだんに入れたその土地の味

    まぜ御飯

  • にゅうめん

    奈良県

    「にゅうめん」は奈良県三輪山麓が発祥の郷土料理

    にゅうめん

  • 鯛料理

    広島県

    瀬戸内海の代表的な海の幸のひとつ

    鯛料理

TOPに戻る