ぐじのかぶら蒸し

京都府

伝統的郷土料理

ねっとりとしたあんと、柔らかな白身魚のぐじが絶妙な逸品

ぐじのかぶら蒸し

かぶら蒸しは京都では定番の冬を代表するおばんざいの代表。京都ならではの食材である、ぐじ(あまだい)と聖護院かぶらを材料とする。かぶらはすりおろして卵白を混ぜ、ぐじ(あまだい)、銀杏、木耳、百合根などとともに蒸し、銀あんをかける。ねっとりとしたあんが、柔らかい白身魚のぐじにからみ、寒い冬には体を温めてくれる最高のメニュー。京都においては、かぶらは海老芋と双璧をなす冬の味覚の代表の味覚とも言われている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 打ち込み汁

    香川県

    手軽にできる、農村の日常食

    打ち込み汁

  • たこめし

    岡山県

    倉敷下津井のたこを使った風味豊かな味と歯ごたえが味わえる逸品

    たこめし

  • 万善カブラの浅漬け

    岡山県

    古くから日本の野菜として親しまれてきたカブラ

    万善カブラの浅漬け

  • ぼてぼて茶

    島根県

    お茶どころの茶人が考案した、立ったまま食べられるおいしい間食

    ぼてぼて茶

TOPに戻る