とろろ昆布おにぎり

富山県

ご当地グルメ

とろろ昆布の旨みと風味を絡ませた贅沢なおにぎり

とろろ昆布おにぎり

昆布を薄く削ったとろろ昆布をよく食べる地域は富山と福井の敦賀、大阪の堺だと言われている。中でも富山市は2006年の総務省「家計調査」によると、富山市の1世帯あたりの昆布の年間支出金額は1960年から続けて全国1位だという。とろろの中でも、肉厚の昆布の表面外側だけを削ったのが「黒とろろ」で、ほのかな酸味が特長だ。旨みと風味がぎゅっと濃縮されたとろろ昆布を絡ませたおにぎりがまた美味で、ごはんにまぶすだけの手軽さと贅沢な味わいがいい。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 千葉ぶた丼

    千葉県

    「第5回全国ご当地どんぶり選手権予選会」出場どんぶり

    千葉ぶた丼

  • 土佐かつお丼

    高知県

    「第5回全国ご当地どんぶり選手権予選会」出場どんぶり

    土佐かつお丼

  • キラキラ丼

    宮城県

    旬の魚介を味わえる名物丼が復活!

    キラキラ丼

  • あんかけよもぎうどん

    愛媛県

    O級ご当地グルメグランプリ2012  作品プロ部門ニツ星賞

    あんかけよもぎうどん

TOPに戻る