みそポテト

埼玉県

伝統的郷土料理

秩父では手軽な間食として定番。ホクホク感と甘辛味噌ダレが美味

みそポテト

埼玉県秩父地方では、「小昼飯(こぢゅうはん)」と呼ばれる、農作業の合間や小腹がすいた時に食べる郷土料理がいくつかあり、“みそポテト”もそのひとつだ。作り方は、ひと口大に切ってゆでたじゃがいもに、小麦粉を溶いた衣につけて、油でカラッと揚げ、甘辛いみそダレをかける。サクサクとした衣とホクホクしたじゃがいもが味噌ダレとよく合う。ご当地では、おやつに、おつまみに、おかずにと、活躍する定番の軽食として知られていたが、埼玉県のB級グルメに選ばれたことから、全国的にも知名度がアップした。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • カニ汁

    鳥取県

    極上の食材「松葉がに」を使った贅沢な一品

    カニ汁

  • もみじ饅頭

    広島県

    紅葉谷にちなんだ宮島の手みやげ

    もみじ饅頭

  • 鮎うどん

    栃木県

    江戸時代の味を再現!手作りの干し鮎でダシをとった創作メニュー

    鮎うどん

  • もみじのてんぷら

    大阪府

    もみじの美しさをそのまま表現。ほのかな甘みと香ばしさが◎

    もみじのてんぷら

TOPに戻る