焼きホンモロコのドロ酢がけ

滋賀県

伝統的郷土料理

高級料亭でも珍重されるホンモロコ

焼きホンモロコのドロ酢がけ

琵琶湖で一年中収穫されるホンモロコは、コイ科の魚類の中でも特に美味しいと言われており、京都市内の料亭などへも高値で出荷されている。特に冬に獲れる「子持ちモロコ」は琵琶湖の名物とされ、とても貴重な食材である。滋賀県では、琵琶湖で取れたホンモロコは泥酢につけて食べる。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]4[:en]Serves 4[:de]4[:ru]4[:es]4[:fr]4[:it]4[:ko]4[:th]4[:zh]4[:ch]4[:]人前

  • ホンモロコ120g(約12尾)

[ どろ酢 ]

  • 白味噌50g
  • 砂糖25g
  • 大さじ2弱
  • ねりからし小さじ1/2
1.
魚を洗って、串を打ち、こんがりと素焼きする。
(オーブンを250℃に加熱し、天板にオーブンシートをしき、魚をのせ3~5分程度焼く方法もある。ガスコンロのグリルでも可)
2.
分量の白みそ、砂糖、酢を混ぜ合わせ、好みでねりからしを適量入れ、トロッとしたどろ酢をつくる。
3.
焼いた魚を器に盛り、どろ酢をそえる。

資料提供 : 滋賀のおいしいコレクション

郷土料理

  • じゃこ天

    愛媛県

    愛媛県民なら必ず知っている練り製品

    じゃこ天

  • 松浦漬け

    佐賀県

    軟骨のコリコリとした食感と、酒粕の香りにお酒がすすむ一品

    松浦漬け

  • ニシンそば

    北海道

    名産地のニシンを気軽に味わえる「ニシンそば」

    ニシンそば

  • 寒シマメ漬け丼

    島根県

    冬に獲れるスルメイカ「寒シマメ」を、肝醤油で漬け込み丼に!

    寒シマメ漬け丼

魚介

TOPに戻る