いきなり団子

熊本県

伝統的郷土料理

突然のお客様をおもてなしする伝統的なお菓子

いきなり団子

「生のさつまいもをいきなり包んで団子にする」ことが名前の由来となっている。突然来た客をもてなしする際等に出す料理。さつまいもは食物繊維が豊富な上に、ビタミン・カロチン・ミネラルも多く含む緑黄色野菜である。

郷土料理レシピ

分量 : 20~25人前

  • 切ったさつまいも(1~1.5㎝の厚さ)20~25個
  • 中力粉250g
  • だんご粉100g
  • 砂糖50g
  • 大さじ1
  • サラダ油大さじ1/2
  • 180~200cc
  • あん250~400g
1.
さつまいもの皮をむいて1~1.5㎝の厚さに切り面をとり、水に10分間さらす。
2.
「中力粉、だんご粉、砂糖、塩、サラダ油」を水で合わせ30分以上寝かせる。
3.
「2」の生地を打ち板に広げ、さつまいもの大きさに合わせて切る。
4.
「3」の上にあんを丸めて、1個ずつ置き、その上に「1」の芋をのせて、包む。
5.
「4」を蒸し器に並べて蒸す。
※生地を寝かせなければ、生地が伸びないので最低1時間以上は、生地を寝かせること(一晩寝かせてもよい)。

資料提供 : 熊本県 農林水産部 むらづくり課

菓子

郷土料理

餅・団子

  • きらずもち

    高知県

    佐川町尾川地区だけで作られていた餅

    きらずもち

  • 焼きまんじゅう

    群馬県

    口いっぱいにほおばった子供の頃を思い出す、群馬懐かしの味

    焼きまんじゅう

  • べろべろ餅

    山形県

    べろべろべろ~と生まれた細長い、うるち米のおもち

    べろべろ餅

  • あずきすくい

    埼玉県

    小豆の濃厚な甘味に箕型の麺の食感。郷土に伝わる和風スイーツ

    あずきすくい

TOPに戻る