かきまぶり

和歌山県

伝統的郷土料理

代々伝わる、田植え休みなどのごちそう

かきまぶり

かきまぶりとはちらしずしのことで、具をすし飯に混ぜて食べる郷土料理であり、家庭でのお祝いに作る。具は高野豆腐や干し椎茸、蒲鉾などが一般的で、絹糸卵や紅生姜などで華やかに飾られる。

郷土料理レシピ

[ すしめし ]

  • 3合
  • 昆布5㎝角
  • 30cc

[ 合わせ酢 ]

  • 60cc
  • 砂糖30g
  • みりん30cc
  • 小さじ1

[ 具 ]

  • 高野豆腐2枚
  • 干し椎茸3枚
  • 人参100g
  • 茹で筍100g
  • かまぼこ1/2枚

[ 調味料 ]

  • だし汁2カップ
  • 薄口醬油大さじ2
  • 砂糖20g
  • みりん大さじ1

[ かざり ]

  • 錦糸卵適量
  • きぬさや適量
  • 紅ショウガ適量
  • もみのり適量
1.
昆布と酒を入れて炊いたご飯に分量の合わせ酢を混ぜ、すし飯を作る。
2.
もどした干し椎茸、高野豆腐、人参、ゆで筍を小さな短冊切りにする。かまぼこも同様に切る。
3.
きぬさやは筋を取って、塩ゆでし、斜め切りにする。
4.
鍋に調味料を入れて煮立て、②の材料を入れて汁がなくなるまで煮含める。蒲鉾は火を止める直前に入れる。
5.
すし飯に汁気を切った④の具を加え、全体を混ぜる。
6.
器に⑤を盛って、もみのり、錦糸卵、きぬさや、細切りした紅生姜を散らす。

資料提供 : 和歌山県 農林水産部 農業生産局 果樹園芸課

Don

寿司

  • 押し抜きずし

    香川県

    酢とさんしょの香りが食欲をそそる

    押し抜きずし

  • にしんずし

    岐阜県

    お正月のご馳走。食卓に欠かせない郷土の逸品

    にしんずし

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

  • 柿の葉すし(奈良県)

    奈良県

    まろやかな風味の酢めしと、脂のり際立つ鯖・鮭とのベストコンビ

    柿の葉すし(奈良県)

郷土料理

  • うどん

    京都府

    京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

    うどん

  • 鮎めし

    栃木県

    魚の香りと旨味がご飯にしみこんだ逸品

    鮎めし

  • 豆腐めし

    鳥取県

    豆腐・山菜を炊き込んだ冬至の頃に作られる郷土料理のひとつ

    豆腐めし

  • 明石焼(玉子焼)

    兵庫県

    大阪たこ焼きのルーツと呼ばれる

    明石焼(玉子焼)

TOPに戻る