納豆汁

岩手県

伝統的郷土料理

体のあたたまる雪国自慢の郷土料理

納豆汁

みそ味の汁物で、納豆の他に、さわもだし(きのこ)、わらび、高菜漬け、豆腐は必ず入れるものとして伝承されている。
具だくさんの汁で体がよくあたたまる。

郷土料理レシピ

分量 : 5人前

  • 納豆1包
  • 油揚げ小1枚
  • さわもだし(塩蔵)150g
  • 豆腐1/2丁
  • にんじん1/2本
  • わらび(塩蔵)80g
  • ねぎ1本
  • 高菜漬け50g
  • みそ70g
  • にぼし5〜6尾
  • 800cc
1.
さわもだし、わらび、高菜漬けは、少し塩味がのこる程度に塩抜きする。
2.
納豆をすり鉢にいれ、細めの大根でよくつぶしておく。
糸をひくぐらいが目安。
大根を使うのは、納豆が逃げにくく、においが和らぐため。
3.
にぼしでだしをとる。みそ汁よりも少し濃いめにする。
4.
にんじんはいちょう切り、油揚げは細かく切って油抜きする。
わらびは2cmくらいに、高菜は細かく切る。
豆腐はさいの目、ネギは小口切りにする。
5.
鍋ににんじん、さわもだし、わらびを入れ、煮えたら豆腐、油揚げを加えて、みそを入れる。
普通のみそ汁よりも濃いめに味をつける。
6.
つぶしておいた納豆を5.の汁でとろとろにのばして、5.の鍋に目の細かいザルでザッとこして入れる。
7.
一煮立ちさせて、高菜を入れる。ネギは好みでお椀にいれると良い。

資料提供 : 岩手県 農林水産部 農業普及技術課

汁もの

郷土料理

  • タラの子和え

    青森県

    コクと弾力がたまらない!タラの身や皮、肝を和えた郷土料理

    タラの子和え

  • 鯉こく

    富山県

    クセの強い鯉を味噌で煮込んで食べやすく

    鯉こく

  • 大間のまぐろ丼

    青森県

    最大級のマグロが豪快に盛られ、繊細な味を愉しむことができる

    大間のまぐろ丼

  • どて焼き

    大阪府

    串焼きと並ぶ新世界の名物はクセになる美味しさ

    どて焼き

TOPに戻る