納豆汁

岩手県

伝統的郷土料理

体のあたたまる雪国自慢の郷土料理

納豆汁

みそ味の汁物で、納豆の他に、さわもだし(きのこ)、わらび、高菜漬け、豆腐は必ず入れるものとして伝承されている。
具だくさんの汁で体がよくあたたまる。

郷土料理レシピ

分量 : 5人前

  • 納豆1包
  • 油揚げ小1枚
  • さわもだし(塩蔵)150g
  • 豆腐1/2丁
  • にんじん1/2本
  • わらび(塩蔵)80g
  • ねぎ1本
  • 高菜漬け50g
  • みそ70g
  • にぼし5〜6尾
  • 800cc
1.
さわもだし、わらび、高菜漬けは、少し塩味がのこる程度に塩抜きする。
2.
納豆をすり鉢にいれ、細めの大根でよくつぶしておく。
糸をひくぐらいが目安。
大根を使うのは、納豆が逃げにくく、においが和らぐため。
3.
にぼしでだしをとる。みそ汁よりも少し濃いめにする。
4.
にんじんはいちょう切り、油揚げは細かく切って油抜きする。
わらびは2cmくらいに、高菜は細かく切る。
豆腐はさいの目、ネギは小口切りにする。
5.
鍋ににんじん、さわもだし、わらびを入れ、煮えたら豆腐、油揚げを加えて、みそを入れる。
普通のみそ汁よりも濃いめに味をつける。
6.
つぶしておいた納豆を5.の汁でとろとろにのばして、5.の鍋に目の細かいザルでザッとこして入れる。
7.
一煮立ちさせて、高菜を入れる。ネギは好みでお椀にいれると良い。

資料提供 : 岩手県 農林水産部 農業普及技術課

汁もの

郷土料理

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

  • しし鍋(しし汁)

    奈良県

    かねてから奈良の山間部に多く生きていた猪を使った体が温まる鍋

    しし鍋(しし汁)

  • いかなごのくぎ煮

    兵庫県

    春の訪れを知らせる風物詩「いかなご新子漁」

    いかなごのくぎ煮

  • ぐじのかぶら蒸し

    京都府

    ねっとりとしたあんと、柔らかな白身魚のぐじが絶妙な逸品

    ぐじのかぶら蒸し

TOPに戻る