チムシンジ (豚レバーの汁物)

沖縄県

伝統的郷土料理

抜群の栄養価は、ご長寿達のお墨付き!

チムシンジ (豚レバーの汁物)

食材を煮込んで作る汁を「シンジムン(煎じもの)」といい、レバー(肝)を使ったものがチムシンジ(肝煎じ)。滋養食として受け継がれている。

郷土料理レシピ

分量 : 2~3人前

  • 豚レバー300g
  • 豚肉(グーヤヌジー)150g
  • 4カップ
  • 人参130g
  • 小さじ2
  • ニガナ25g
1.
豚レバーは、かたまりのまま塩でもみ洗いをして、数回洗い流し、充分に血抜きをする。
2.
人参は皮をむいて乱切りにし、ニガナは 4cm程度に切る。
3.
鍋に分量の水を入れて強火にかけ、沸騰したら豚レバーと豚肉を入れて炊く。煮立ってきたらアクを取って、弱火にする。
4.
肉が炊けたら一口大に切り、人参を加え、30分くらい煮る。
5.
好みにより、塩、つぶしたにんにくなどを入れると味が引き立つ。

資料提供 : 沖縄県 農林水産部流通・加工推進課

煮もの

郷土料理

  • どて煮

    愛知県

    名古屋めしの代表格!旨みが濃縮された口どけほろほろの大衆食

    どて煮

  • 信州そば

    長野県

    長野で作られるそばの総称

    信州そば

  • 亥の子餅

    和歌山県

    秋の収穫を祝う行事食

    亥の子餅

  • しし鍋(しし汁)

    奈良県

    かねてから奈良の山間部に多く生きていた猪を使った体が温まる鍋

    しし鍋(しし汁)

TOPに戻る