てっぱい

香川県

伝統的郷土料理

冬の客膳には欠かせない

てっぱい

農繁期が終わり、秋から冬にかけてため池の水を抜いた後、ふなを捕って作る。寒ぶなは臭みがなくて脂がのっており、たいへん美味しい。ため池の多い讃岐ならではの料理と言える。てっぱいは、とかく「鉄砲あえ」と呼ばれるが、語源は定かではない。

郷土料理レシピ

  • ふな中1尾
  • 大根600g
  • 唐辛子1本
  • 細ねぎ少々
  • 少々

[ 調味料 ]

  • 白みそ100g
  • 砂糖60g
  • 大さじ3
1.
魚は3枚におろし、腹骨をすき取り細切りにして塩少々をふりかけて混ぜておく。30分くらいおいて酢を浸るくらいかけておく。
2.
大根は皮を取り短冊切りにして塩をふってもみ、10~15分おいてしんなりしたら、水分をよく絞る。
3.
すり鉢に調味料を入れてすり混ぜ②と刻んだ細ねぎと唐辛子を入れ、①を加えて味をととのえる。
※白みそ自体が甘いので、砂糖の量は好みによって加減する。

資料提供 : 香川県 農政水産部 農業経営課 

郷土料理

  • すったて

    埼玉県

    第6回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦優勝メニュー

    すったて

  • 朴葉みそ

    岐阜県

    厳しい寒さの中から生まれた郷土の味わい

    朴葉みそ

  • 柚べし

    奈良県

    修験者や十津川郷士が欠かさなかった伝統保存食

    柚べし

  • サワラのこうこずし

    岡山県

    春の魚を代表するサワラ料理

    サワラのこうこずし

魚介

TOPに戻る