黒豚わっぜえか丼

鹿児島県

ご当地グルメ

鹿児島黒豚を使う事以外は自由!店の数だけオリジナル丼がある

黒豚わっぜえか丼

「わっぜぇか」とは、鹿児島弁で「すごい」という意味である。「黒豚わっぜえか丼」は、2004年の九州新幹線「つばめ」開業を機に、鹿児島県料飲業生活衛生同業組合が、新しい名物料理を育てようと提唱して開発したもの。“鹿児島県産の黒豚を使うこと”を統一テーマに、各店がそれぞれに工夫を凝らし、オリジナリティーを競って参加している。鹿児島県産の黒豚を使うこと以外は店の自由なので、店の数だけオリジナルの「わっぜえか丼」があり、その数だけ驚きがあるということだ。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 雑穀料理

    岩手県

    食物繊維やミネラルが豊富な、雑穀を使った素朴で温かい料理

    雑穀料理

  • 松江ラーメン

    島根県

    さっぱりとした塩味は昔ながらの味わい。お財布にもやさしい

    松江ラーメン

  • 油そば

    東京都

    一度食べたら病みつき!
    多摩地域でポピュラーなスープなし拉麺

    油そば

  • 鰻まぶし丼

    愛知県

    最初はそのまま、最後は茶漬けで!一杯で2度美味しいうな丼

    鰻まぶし丼

TOPに戻る