酢漬らっきょ

鹿児島県

伝統的郷土料理

ひとつひとつ手間ひまかけて作った、ミネラル豊富な酢漬らっきょ

酢漬らっきょ

鹿児島産のらっきょうを、黒酢、宮古島の黒砂糖、国産のレモン果汁に漬け込んだ本品は、こくのある甘みとさっぱりしたレモンの風味が絶妙。海水から作ったミネラル分の多い塩で漬け込まれたらっきょうは、やがて静かに乳酸発酵が始まる。この乳酸菌による発酵がらっきょう漬けの旨みのもとになる。乳酸発酵が終了して飴色になったら、芽と根を切り取る『両切り』という作業をする。その後霧島山麓の地下水を汲み上げて、ため水と流水にて塩抜きし、約2日間かけ塩度を3%に調整する。仕上げとして一粒一粒丁寧にひと皮剥いて製品にする。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 建長汁

    神奈川県

    食べ応え十分!ベジタリアンも大満足のごちそう精進料理

    建長汁

  • わさび漬

    静岡県

    江戸後期に商人が生み出した、名産のわさびを使った粕漬けの一種

    わさび漬

  • あくまき

    鹿児島県

    端午の節句には欠かせない、鹿児島伝統の逸品

    あくまき

  • いとこ煮

    大分県

    親鸞聖人をしのんでつくられた小豆の煮物

    いとこ煮

TOPに戻る