あゆ料理

滋賀県

伝統的郷土料理

臭みのない琵琶湖の香魚。季節によって食べ方はいろいろ

あゆ料理

独特の香りから“香魚”と呼ばれるあゆ。その淡白にして高尚な味わいは、川魚最高のものといえる。そして、琵琶湖には川に遡上せず琵琶湖にとどまるあゆがおり、遡上する鮎に比べて大きくならないのが特徴。これを“コアユ”と呼ぶ。冬の“氷魚”と呼ばれる稚魚は釜揚げ、春に少し大きくなったコアユは佃煮、初夏の大ぶりのコアユは天麩羅が美味しい。その他、あゆ雑炊、あゆの塩焼き、一夜干など季節ごとにそれぞれのあゆを楽しむことができる。琵琶湖の“湖魚”は淡水魚だが、泥臭さは全くない。

資料提供 : ぐるなび

郷土料理

  • もみうり

    奈良県

    やわらかくなるまで、きゅうりを塩でよくもんだ酢の物

    もみうり

  • がめ煮(大分県)

    大分県

    大鍋でつくった鶏の煮込み

    がめ煮(大分県)

  • かてめし

    埼玉県

    彩りあざやかな炊き込みご飯

    かてめし

  • いただき

    鳥取県

    鳥取県西部で愛されるおふくろの味

    いただき

TOPに戻る