あゆ料理

滋賀県

伝統的郷土料理

臭みのない琵琶湖の香魚。季節によって食べ方はいろいろ

あゆ料理

独特の香りから“香魚”と呼ばれるあゆ。その淡白にして高尚な味わいは、川魚最高のものといえる。そして、琵琶湖には川に遡上せず琵琶湖にとどまるあゆがおり、遡上する鮎に比べて大きくならないのが特徴。これを“コアユ”と呼ぶ。冬の“氷魚”と呼ばれる稚魚は釜揚げ、春に少し大きくなったコアユは佃煮、初夏の大ぶりのコアユは天麩羅が美味しい。その他、あゆ雑炊、あゆの塩焼き、一夜干など季節ごとにそれぞれのあゆを楽しむことができる。琵琶湖の“湖魚”は淡水魚だが、泥臭さは全くない。

資料提供 : ぐるなび

郷土料理

  • 鯛そうめん

    愛媛県

    鯛をまるごと1匹つかったお祝いの料理

    鯛そうめん

  • ぶり大根

    富山県

    出世魚「ぶり」を使う郷土料理は縁起がいい?

    ぶり大根

  • うれしの

    大分県

    殿様が「うれしいのう」と喜んだ鯛のごはん

    うれしの

  • 西京漬

    京都府

    魚や肉を長持ちさせるための先人たちの知恵が生み出したひと品

    西京漬

TOPに戻る