もろこの箱寿司

愛知県

伝統的郷土料理

見た目と違い美味なる淡水魚を、箱寿司にした北西部の郷土料理

もろこの箱寿司

愛知県北西部で古くから親しまれている郷土料理で、イベントごとなど「ハレ」の日に家庭で作ることが多い特別なお寿司。現在は滅多にお店で味わうことはできない。一見そのルックスに少々驚くけれど、味は至ってシンプルかつ美味。コイ科で小ぶりな淡水魚のモロコを丸ごと炊いて甘露煮にし、煮込んだ角麩や甘いデンブなどと一緒に、箱に詰めた酢飯にきっちりと並べる。上からフタをしてギュッと押してしばらく落ち着かせたら完成。それを切り分けていただく。濃厚な甘辛さの中にほのかな内蔵の苦みが残るもろこの風味が絶品だ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • もみうり

    奈良県

    やわらかくなるまで、きゅうりを塩でよくもんだ酢の物

    もみうり

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

  • ひゅうが丼

    大分県

    海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

    ひゅうが丼

  • 柿の葉ずし(福岡県)

    福岡県

    豊作祈願のお祭り“おくんち”には欠かせないお寿司

    柿の葉ずし(福岡県)

TOPに戻る