いとこ煮

栃木県

伝統的郷土料理

冬至に食べると風邪をひかないと言われる

いとこ煮

豆類といも類、あるいはかぼちゃとあずきを一緒に煮て、しょうゆやみそで調理した料理。材料が似たもの同士であることから「いとこ煮」と呼ばれるようになったと言われている。

郷土料理レシピ

分量 : 4 人前

  • かぼちゃ200g
  • 小豆50g
  • 小さじ1/3
  • 砂糖(ざらめ)大さじ1
1.
小豆はきれいに水洗いする。
2.
かぼちゃは3㎝角くらいに切る。
3.
小豆たっぷりの水を加えて火にかけ、煮立ってきたら一度湯を捨てる。新しくカップに2・1/2の水を入れ、芯がぬける程度まで柔らかくし、②も加えて一緒に煮る。
4.
ここで砂糖と塩を加え、柔らかくなるまで煮る。
※塩の代わりにしょうゆ小さじ2を入れてもよい。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

煮もの

郷土料理

  • 熱海 梅干

    静岡県

    梅との関わりが深い熱海で、酸味と塩加減が絶妙な梅干を味わう

    熱海 梅干

  • 美酒鍋

    広島県

    日本酒と塩・胡椒で味付けする宴会料理

    美酒鍋

  • あくまき

    鹿児島県

    端午の節句には欠かせない、鹿児島伝統の逸品

    あくまき

  • 亥の子餅

    和歌山県

    秋の収穫を祝う行事食

    亥の子餅

TOPに戻る