いわしのすり身汁

青森県

伝統的郷土料理

味噌味の「だまこ」が汁の味を引き立てる!

いわしのすり身汁

青森県弘前市周辺に伝わる郷土料理で、イワシと枝豆をすり潰し、味噌と卵、片栗粉を加えて「だまこ(つみれ)」を作り、それを焼き干しでとった出汁に入れて作る料理だ。食べる直前にネギを入れるのが一般的で、体を元気付ける味噌の香りにネギの風味が食欲を誘い、アツアツの「だまこ」が冷えた体を中から温めてくれる。「だまこ」に使う魚はイワシ以外にも、小骨を除いたサンマやホッケ等を使ってもおいしく食べられるということだ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • もみうり

    奈良県

    やわらかくなるまで、きゅうりを塩でよくもんだ酢の物

    もみうり

  • イギス

    大分県

    海藻を溶かし固めた身近なおかず

    イギス

  • 粕汁

    大阪府

    酒どころで広く親しまれる粕汁。体を温めてくれる作用にも期待

    粕汁

  • ぐじのかぶら蒸し

    京都府

    ねっとりとしたあんと、柔らかな白身魚のぐじが絶妙な逸品

    ぐじのかぶら蒸し

TOPに戻る