いしるの貝焼き

石川県

伝統的郷土料理

加賀料理の隠し味。旨味成分たっぷりに素材の味を引き立たせる

いしるの貝焼き

能登半島の一部でしか作られていない郷土料理の隠し味「いしる」は、ひとことで言うと魚醤。イワシやイカの内臓を塩漬けにし一夏ねかせて自然発酵させたものを煮詰めて作る。「いしるの貝焼き」は、ホタテ貝の貝殻を鍋代わりに使い、キノコやイカ、甘えび、大根などをイシルで煮ながら食べるもの。昔は力仕事をした後のおかずとして辛目の味付けだったそうだが現在は薄味に変化してきているのだそう。今や民宿などの客にも人気の定番料理のひとつである。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ぼたん鍋(兵庫県)

    兵庫県

    縄文時代から食べられていた?狩猟のご褒美「猪肉料理」

    ぼたん鍋(兵庫県)

  • 酒盗(しおから)

    高知県

    貴重な原料を漬け込み熟成させた、土佐生まれの酒の肴

    酒盗(しおから)

  • らっきょう漬

    栃木県

    醤油の“たまり”に漬け込むのが一般的。赤く色づけしたものも

    らっきょう漬

  • 四海巻

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    四海巻

TOPに戻る