花椿

千葉県

伝統的郷土料理

見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

花椿

大輪の花に巻いてあるので、はなやかで盛り付けの時は引き立つ。椿の花の種類はたくさんあるので花びらに変化をつけていろいろに巻ける。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]1本分/[:en]1[:de]1本分/[:ru]1本分/[:es]1本分/[:fr]1本分/[:it]1本分/[:ko]1本分/[:th]1本分/[:zh]1本分/[:ch]1本分/[:]人前

  • すし飯350g
  • すし飯(ピンク)240g
  • 卵焼き1枚
  • のり1枚
  • 青菜60g
  • たくあん線切り(花の芯用に)40g
1.
卵焼きの上にすし飯をひと並べにする。中央に1/2ののりを置き、ピンクのすし飯1/4を置き、丸めかげんにする。片側に青菜を置く。
2.
1枚ののりを置き、中央に線切りたくあんを置いてピンクのすし飯を両側に置いて、片側に巻き簾ごと持ち、右手で具を落着けながら巻く。
※花びらの色は、桜でんぶ、またはつるむらさきの実からとった紅や、赤梅酢などを使ってピンクにする。また紅かんぴょうを外回りにいれたり、線切り紅ショウガをすし飯に混ぜたりする。中心は厚焼き卵にしても綺麗。
3.
※すし飯、厚焼き卵の作り方は、千葉の「太巻きずし」のレシピ参照。

資料提供 : ふるさと料理 ちばの味

寿司

郷土料理

  • がん汁

    大分県

    生きた蟹を使ったワイルドな料理

    がん汁

  • みょうがぼち

    岐阜県

    子供心に残る「おふくろの味」の代表格

    みょうがぼち

  • あいまぜ

    富山県

    お祝い事には欠かせないその土地の味

    あいまぜ

  • 大間のまぐろ丼

    青森県

    最大級のマグロが豪快に盛られ、繊細な味を愉しむことができる

    大間のまぐろ丼

TOPに戻る