みとりおこわ

大分県

伝統的郷土料理

みとり豆をいれて炊いたおこわ

みとりおこわ

みとり豆はささげの一種で、サヤは食べずに実だけをとるため、「みとり」という。宇佐地方を中心とした県北では、小豆のかわりにみとりを使っておこわをつくる。小豆とは風味が異なるが、小豆より作りやすく、たくさん収穫できた。
みとりは色が黒いことから、仏事や初盆、宇佐神宮の夏祭りのご馳走としても作られる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • もち米400g
  • 360〜400cc
  • 茹でたみとり(米の30%)120g
  • 少々
  • 砂糖少々
  • ごま少々
1.
みとりを洗って、3%の塩水に一晩つける。
2.
みとりの塩水を洗い流し、新しい水で炊く。
沸騰したら、茹で水を捨て、新しい水で7分目くらいの硬さまで炊く。
3.
もち米をとぎ、分量の水と、茹でみとりを加えて炊く。
※色をつけたい溶きは、みとりのゆで汁を加えるとよい。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

Don

  • ゆる辛丼

    京都府

    「第5回全国ご当地どんぶり選手権予選会」出場どんぶり

    ゆる辛丼

  • ザ・ブリ丼

    石川県

    第4回全国ご当地どんぶり選手権 予選会出場どんぶり!

    ザ・ブリ丼

  • ちゃげえ

    新潟県

    佐渡で昔ながらに食べられている伝統インスタント食?

    ちゃげえ

  • 和楽備茶漬け

    埼玉県

    焼きおにぎりの香ばしさとかつお出汁のコクが引き出す深い味わい

    和楽備茶漬け

郷土料理

  • くさや

    東京都

    慣れると美味しいくさやの干物

    くさや

  • いたどりの炒め物

    高知県

    高知の春を告げる食材で作る

    いたどりの炒め物

  • いけんだ煮味噌

    静岡県

    自家製味噌が味わい深い、新鮮な魚介類がたっぷり入った漁師鍋

    いけんだ煮味噌

  • はもの落とし

    京都府

    活はもでないと作れない!見た目にも涼やかな夏のはも料理の定番

    はもの落とし

TOPに戻る