黄飯

大分県

伝統的郷土料理

心が浮き立つような綺麗な黄色のご飯

黄飯

きめしとも、おうはんとも読む。クチナシの実で黄色く色付けしたご飯で、エソなどの白身魚と豆腐、野菜を煮込んだかやくをかけて食べる。
財政難だった臼杵藩の殿様が赤飯の代わりに作らせて自ら食べ、家来にも振る舞ったのが始まりと言われる。
大晦日にたくさん作り、三が日に煮返して食べる。煮返すほど、おいしい。

郷土料理レシピ

分量 : 5人前

[ 黄飯 ]

  • 3カップ
  • 3〜6カップ?
  • くちなしの実2〜3個

[ かやく ]

  • 豆腐半丁
  • ごぼう小1本
  • 大根小1本
  • にんじん1本
  • ねぎ2本
  • エソまたはエソのミンチ1尾(ミンチの場合は200gぐらい)
  • だし汁2カップ
  • サラダ油大さじ2
  • 濃口しょうゆ少々
  • 淡口しょうゆ大さじ1
  • みりん大さじ1/2
  • 大さじ2
1.
(黄飯をつくる)
米はといで、ザルにあげておく。
2.
くちなしの実をフードプロセッサーにかけて砕く。
砕いたくちなしを水につけて色を出す。
3.
2.を漉して、水とあわせ、米に入れて炊く。
※くちなしの汁は炊く直前に入れる。一晩つけると炊きあがりの色が悪くなる。
4.
(かやくをつくる)
ごぼうはささがきにして、水にさらす。
にんじんと大根は大きめの拍子切り、ねぎは斜め切りにする。
5.
鍋に油を熱し、水切りした豆腐を手で崩しなら入れて、炒める。
6.
エソのミンチ、ごぼう、大根、にんじん、ねぎの順に加えて炒める。
7.
だし汁を加えて煮込み、調味料で味をととのえる。
火を止める前に、1cmに切ったねぎを加えて完成。

資料提供 : 次代に残したい郷土料理

Don

郷土料理

  • しし鍋(しし汁)

    奈良県

    かねてから奈良の山間部に多く生きていた猪を使った体が温まる鍋

    しし鍋(しし汁)

  • あゆ料理

    滋賀県

    臭みのない琵琶湖の香魚。季節によって食べ方はいろいろ

    あゆ料理

  • 炭酸まんじゅう

    埼玉県

    手軽につくれる農家のおやつ

    炭酸まんじゅう

  • うれしの

    大分県

    殿様が「うれしいのう」と喜んだ鯛のごはん

    うれしの

TOPに戻る