うれしの

大分県

伝統的郷土料理

殿様が「うれしいのう」と喜んだ鯛のごはん

うれしの

昔、杵築では鯛のしばり網が盛んで、鯛がよく手に入った当時につくられた料理。今では高価な鯛の代わりに安価な魚を利用して作る「うれしの」が広く杵築、国東地方に残っている。
杵築藩の殿様の大好物だったそうで、この料理が出るたびに「うれしいのう」と言われたことから、「うれしの」という名前がついたと言われる。
熱いお茶をかけていただくが、そのまま食べてもおいしい。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 鯛の刺身20切れ程度
  • きざみのり適宜
  • わさび適宜
  • しょうが適宜
  • ご飯適宜
  • お茶適宜
  • ごま50g

[ A ]

  • みりん大さじ2
  • 刺身しょうゆ大さじ3
  • しょうゆ大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • だし汁90cc
1.
昆布といりこで、濃いめにとっただし90ccをAに使う。
2.
よく炒ったごまを、すり鉢で油分が出てくるまで、よくする。
3.
Aを合わせ、一煮立ちさせて冷ましておく。
しょうゆの量はメーカーによって味が違うので加減する。
4.
ごまと3.を合わせて、たれをつくる。
※鯛を漬けなければ、冷蔵庫で10日間くらい保存可能。
5.
鯛を刺身に切り、たれに4〜5分、漬け込む。
たれは必要な分だけ鯛にまぶす。
6.
器に盛った温かいご飯にたれをほんの少しかけ、鯛を放射状にならべる。上から少し、たれをかける。
刻み海苔をのせ、わさびと好みでしょうがを添えて完成。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

Don

郷土料理

魚介

  • いがみの煮付け

    和歌山県

    「いがみ」とは、ブダイのこと

    いがみの煮付け

  • さばのなれ寿司

    和歌山県

    チーズのような香りと独特の風味。一度はまったらクセになるかも

    さばのなれ寿司

  • じゃこ天

    愛媛県

    愛媛県民なら必ず知っている練り製品

    じゃこ天

  • ほやの水物

    青森県

    ご当地ならではの食べ方!夏といえば「ほやの水物」

    ほやの水物

TOPに戻る