じゃっぱ汁

青森県

伝統的郷土料理

魚の旨みをまるごと味わい尽くす冬の定番鍋!

じゃっぱ汁

青森の冬を代表する魚・鱈のジャッパ(アラ)と、大根、白菜、ネギなどの野菜を塩や味噌で煮込んだじゃっぱ汁は、体の芯から温める冬には欠かせない料理。昔らか「ユキケンド(雪道)とじゃっぱ汁は、後ほどいい」といわれるように、雪道は誰かが歩いた後の方が歩きやすく、じゃっぱ汁もアラの旨みと野菜の甘みが渾然一体となって味が染みこむとさらにおいしくなる。魚を余すことなく使い切る先人の知恵と栄養価に優れた郷土料理。

資料提供 : 青森県農林水産部 総合販売戦略課

郷土料理

鍋もの

魚介

  • はもすき

    兵庫県

    玉ねぎの甘みとハモの旨味溢れるだし汁が見事に調和

    はもすき

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

  • 宇和島鯛めし

    愛媛県

    宇和島独特の生の鯛を使った漁師飯

    宇和島鯛めし

  • あんこう料理

    茨城県

    「西のふぐに、東のあんこう」茨城県、冬の味覚

    あんこう料理

TOPに戻る