じゃっぱ汁

青森県

伝統的郷土料理

魚の旨みをまるごと味わい尽くす冬の定番鍋!

じゃっぱ汁

青森の冬を代表する魚・鱈のジャッパ(アラ)と、大根、白菜、ネギなどの野菜を塩や味噌で煮込んだじゃっぱ汁は、体の芯から温める冬には欠かせない料理。昔らか「ユキケンド(雪道)とじゃっぱ汁は、後ほどいい」といわれるように、雪道は誰かが歩いた後の方が歩きやすく、じゃっぱ汁もアラの旨みと野菜の甘みが渾然一体となって味が染みこむとさらにおいしくなる。魚を余すことなく使い切る先人の知恵と栄養価に優れた郷土料理。

資料提供 : 青森県農林水産部 総合販売戦略課

郷土料理

  • 呉汁

    鹿児島県

    すりつぶした大豆を溶かした、栄養満点のみそ汁

    呉汁

  • 吉田うどん

    山梨県

    富士山の湧き水で作られる、
    ハレの日に食べる吉田市のうどん

    吉田うどん

  • ひょう干し

    山形県

    新年への期待を込めた正月料理

    ひょう干し

  • いただき

    鳥取県

    鳥取県西部で愛されるおふくろの味

    いただき

鍋もの

魚介

  • メンタイのフライ

    広島県

    忘れられた広島の夕食、白身魚といえばメンタイ

    メンタイのフライ

  • ヒラスの料理

    長崎県

    白い鉄火巻の具としても活躍する長崎のヒラス

    ヒラスの料理

  • あのりふぐ料理

    三重県

    てっさ・てっちり・唐揚げ等の定番料理から、新しい創作料理も

    あのりふぐ料理

  • サバずし

    岡山県

    脂ののったサバずしは、まるで刺身感覚!

    サバずし

TOPに戻る