あゆの姿ずし

熊本県

伝統的郷土料理

球磨川の象徴、鮎を使った姿ずし!

あゆの姿ずし

鮎を甘酢に漬け込む迄の下ごしらえを十分に行う事が美味しく作るポイント。球磨川の清流で育った鮎を使った料理は、村祭りには食卓を賑わす。

郷土料理レシピ

分量 : 10人前

  • 10匹
  • 米のとぎ汁
  • 柿の葉

[ 甘酢 ]

  • 砂糖70g
  • 大さじ2
  • 大さじ2
  • 大さじ1

[ すし飯 ]

  • 2.5カップ
  • 2.5カップ弱
  • 小さじ1
  • 砂糖50g
  • 大さじ1
1.
鮎は腹側から開き、中骨と腹骨をきれいに取り、多めの塩をまぶして4~5日から1週間おく。
2.
米のとぎ汁に柿の葉と「1」を2時間漬けて塩気を抜く。水洗いして甘酢に1時間漬ける。
3.
炊きあがったご飯に塩を混ぜる。冷めてから酢と砂糖を合わせたものを混ぜる。
4.
鮎の水気をふき取り、すし飯を詰める。

資料提供 : 熊本県 農林水産部 むらづくり課

寿司

郷土料理

  • 熱海網代 アジの姿造り

    静岡県

    新鮮なアジを贅沢に味わう姿造り。プリッとした食感が上質な味わい

    熱海網代 アジの姿造り

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

  • 粕イカ

    北海道

    新鮮なイカを漬け込んだ粕漬けは、独特の味わいが酒の肴に最適

    粕イカ

  • そぼろ納豆

    茨城県

    ご飯のお供や酒の肴に。お茶漬けなどにも合う伝統的なお惣菜

    そぼろ納豆

TOPに戻る