小豆ばっとう

岩手県

伝統的郷土料理

甘さ控えめの小豆汁にうどんが入った郷土料理

小豆ばっとう

建前や庭じまい等のお祝い事のごちそう。昔は盆の七日目にも食されていた。
冬場に人が多く集まる時には、大鍋につくって振る舞われる。
こしのある短めの手打ちうどんが「はっとう」で、これを甘さ控えめの小豆汁で煮込んでつくる。吸い物と漬け物、酢の物などと組み合わせて食べる。冷めても、おいしい。

郷土料理レシピ

分量 : 10人前

[ うどん(はっとう) ]

  • 小麦粉(ナンブコムギ)500g
  • 2g
  • 220cc

[ 小豆汁 ]

  • 小豆450g
  • ざらめ200g
  • 上白糖100g
  • 2g
1.
(小豆汁の準備)
小豆は洗って、一昼夜水につける。(夏期は冷蔵庫に入れておく)
2.
1.の水をすて、大きめの鍋に小豆を入れて、たっぷりの水を加え、強火にかける。
煮立ってきたら煮汁をすべて捨て、再び、たっぷりの水を加えて、強火にかける。
3.
煮立ってきたら中火にし、時々かきまぜながら、1時間くらい静かに煮る。
煮ている間に水が減ってくるので、小豆にかぶるくらいに水を加える。
小豆がやわらかくなったら火をとめ、鍋にふたをして人肌になるまで冷ます。
4.
さめた小豆をすりこぎでつぶし、水6カップ程度を加えて混ぜ、中火にかける。
小豆汁が熱くなってきたら、砂糖と塩を加え、へらでかき混ぜながら、弱火でじっくり1時間くらい練る。
ツヤが出て、とろりとした小豆汁になるのが、出来上がりのめやす。
5.
(小豆ばっとうをつくる)
大きなボールに小麦粉を入れ、塩を加え混ぜる。
粉の真ん中に水を少しずつ加えながら、箸でかき混ぜ、まとまってきたら手で力強く20分くらいこねる。
丸くまとめてポリ袋に入れ、冷蔵庫に入れて最低でも3時間ねかせる。
6.
打ち板に打ち粉をしき、5.の生地をのせ、めんぼうで2mmぐらいの厚さにのばす。
半分にたたんで、さらに折り目が重ならないように屏風だたみにし、1cmくらいの太さのうどんに切る。
切ったうどんはほぐして、切り口に小麦粉をつけ、さらに10cmほどの長さに短く切る。
7.
小豆汁を中火にかけて、かき混ぜながらあたためる。
熱くなったら強火にして、小豆汁を静かにかき混ぜながら、うどんの余分な粉をはらい落とし、ほぐしながら少しずつ入れる。
5〜6分くらい煮ればできあがり。
※大量につくる時は、うどんをゆであげて、熱い小豆汁に混ぜることもできる。

資料提供 : 岩手県 農林水産部 農業普及技術課

汁もの

郷土料理

  • 油ぞうめん

    鹿児島県

    奄美版そうめんチャンプルー☆キャベツをたっぷり入れるのがコツ

    油ぞうめん

  • うどん

    京都府

    京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

    うどん

  • 馬刺し(熊本県)

    熊本県

    低カロリー高タンパク、切り口が鮮やかな「桜肉」

    馬刺し(熊本県)

  • きじ鍋

    三重県

    栄養豊富なバランス健康食材!あっさりした味わいは鍋が最適!

    きじ鍋

麺

  • 油そば

    東京都

    一度食べたら病みつき!
    多摩地域でポピュラーなスープなし拉麺

    油そば

  • おの恋ホルモン焼きそば

    兵庫県

    労働者たちに愛された下町料理

    おの恋ホルモン焼きそば

  • ニシンそば

    北海道

    名産地のニシンを気軽に味わえる「ニシンそば」

    ニシンそば

  • 肱川らーめん

    愛媛県

    細麺とさっぱり味のスープが絡み合う、町の名を冠した特産品

    肱川らーめん

TOPに戻る