でこまわし

徳島県

伝統的郷土料理

地元のじゃがいもやそば団子をさした串焼き

でこまわし

三好市祖谷地方の名物で、ごうしゅういもという地元のじゃがいもと、そば団子、岩豆腐、丸こんにゃくの串焼き。
名前の由来は、串を囲炉裏にたて、こげないように回しながら焼く様子が、伝統芸能の阿波人形浄瑠璃の木偶(でこ)人形の頭をまわしているように見えたという説や、熱い料理をふうふう吹きながら串をまわす様子が、木偶の頭をまわしているように見えるという説がある。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • さといも4個
  • ごうしゅういも4個
  • 木綿豆腐半丁
  • 丸こんにゃく1丁
  • そば粉60g
  • 40g
  • みそ80g
  • しょうが小さじ1弱
  • 上白糖大さじ4
  • 料理酒大さじ2
  • 大さじ2と1/3
  • 和風だし小さじ1
  • 木の芽8枚
1.
さといもは洗って皮のまま蒸す、もしくは、レンジで6〜8分、加熱する。
竹串をさしてみて、柔らかくなったら皮をむく。
大きいものはきっておく。
2.
じゃがいもは茹でて、皮をむく。
こんにゃくは1個を8等分に切り、茹でる。
豆腐は半丁を8等分にする。
3.
そば粉は水と混ぜて、丸めて団子にし、沸騰したお湯に入れて、2分間ゆでる。
4.
みそだれは、しょうがをおろして、上白糖、料理酒、水、和風だしを合わせて煮詰める。
もしくは、レンジで1分あたためてから混ぜるのを3回くりかえす。
5.
18cmくらいの竹串に、こんにゃく、豆腐、ごうしゅういも、さといも、そば団子をさして、素焼きする。
6.
みそだれを刷毛でまんべんなく塗って、焼く。
下にアルミホイルをしいて、オーブントースターなら15分、グリルなら中火で10分、オーブンなら180℃で10分ぐらい、様子を見ながら焼く。

資料提供 : とくしまの郷土料理

郷土料理

  • 雑穀もち(雑穀だんご)

    徳島県

    雑穀をつかった香ばしい団子

    雑穀もち(雑穀だんご)

  • サバずし

    岡山県

    脂ののったサバずしは、まるで刺身感覚!

    サバずし

  • 温麺

    宮城県

    油を一切使わないヘルシーな手延乾麺は、長さも短く喉ごしも◎

    温麺

  • うどん

    京都府

    京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

    うどん

TOPに戻る