だぶ

佐賀県

伝統的郷土料理

集落の人で一度にたくさんつくる汁物

だぶ

唐津市の旧浜玉町、七山村などのお祝いや憂いの時に、集落の人が共同で作ってきた郷土料理。
煮くずれしやすい材料は使わず、水を多く入れて“ざぶざぶ”つくることから、なまって、“だぶ”と呼ばれるようになった。
お祝いなどのハレの日は四角に、憂いなどのケの日には三角に切る。各家庭でも作り、ハレの日には、砂糖を使わない人もいる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 鶏肉180g
  • 厚揚げ1/2丁
  • かまぼこ1本
  • れんこん中1/2本
  • さといも中4こ
  • ごぼう1/3本
  • こおりこんにゃく5枚
  • しいたけ(乾)中5こ
  • だし汁6カップ
  • さとう大さじ2
  • しょうゆ(うすくち)大さじ4
  • 大さじ4
  • 小さじ2/3
1.
鶏肉は1cm角に切る。他の材料も1cm角に切る。
ごぼうはささがきにする。
こおりこんにゃくはもどして、細い千切りにする。
2.
こんぶ、いりこでだしをとり、鶏肉、他の材料を入れ、火が通ったら、薄味に調味する。
※さめてもおいしく食べられる。

資料提供 : 佐賀県 生産振興部 生産者支援課

汁もの

郷土料理

  • 西馬音内そば

    秋田県

    海苔の豊かな風味を感じる手打ち麺。冬でも「冷やがけ」が定番

    西馬音内そば

  • 焼きまんじゅう

    群馬県

    口いっぱいにほおばった子供の頃を思い出す、群馬懐かしの味

    焼きまんじゅう

  • べろべろ餅

    山形県

    べろべろべろ~と生まれた細長い、うるち米のおもち

    べろべろ餅

  • しゅんかん

    鹿児島県

    島津の殿様料理にもなっていた祝い膳

    しゅんかん

TOPに戻る