タコ飯

愛媛県

伝統的郷土料理

旬のタコをご飯に炊き込んだ漁師飯

タコ飯

瀬戸内海産のやわらかいタコをご飯に炊き込んだ郷土料理。
もとは漁師飯で、おいしいタコがとれる地域に伝わっている。
今出の沖は、エサが豊富で潮の流れが早いため、色もきれいで身の締まったおいしいタコが獲れることで有名。
生きたタコを使う松山のたこ飯は、うまみと風味が抜群。
タコの味が良くなる春から夏にかけて食べるのがおすすめ。春先には『木の芽ダコ』と呼ばれる小ダコが出回る。旬の時期には期間限定の専門店も出る。

資料提供 : いよ観ネット

Don

郷土料理

魚介

  • 鯛そうめん

    愛媛県

    鯛をまるごと1匹つかったお祝いの料理

    鯛そうめん

  • 酒盗(しおから)

    高知県

    貴重な原料を漬け込み熟成させた、土佐生まれの酒の肴

    酒盗(しおから)

  • じゃこ寿司

    和歌山県

    夏はにぎり寿司、秋は押し寿司。2種の味をぜひお試しあれ!

    じゃこ寿司

  • ままかりずし

    岡山県

    隣の家に「ママ」を「カリ」に行くほど美味い!

    ままかりずし

TOPに戻る