コアユの山椒煮

滋賀県

伝統的郷土料理

琵琶湖の代表的な春の海の幸

コアユの山椒煮

琵琶湖で収穫される小さな鮎を山椒の実などと一緒に甘辛く煮立てた料理。骨まで柔らかく煮るので、頭からまるごと美味しく味わえる。煮詰める途中、さわりたくなりますが、グッとこらえて!(さわると頭がとれます)

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]5~6[:en]Serves 5-6[:de]5~6[:ru]5~6[:es]5~6[:fr]5~6[:it]5~6[:ko]5~6[:th]5~6[:zh]5~6[:ch]5~6[:]人前

  • コアユ500g
  • 実山椒20g
  • しょうゆ1/2カップ
  • 砂糖1/2~3/4カップ
  • 50~70ml
  • みりん大さじ2
1.
コアユは洗って水を切る。
2.
しょうゆ、砂糖と酒を沸騰させ、コアユを入れる。
3.
再び沸騰したら山椒の実を入れ、沸騰が続く火加減で約20分煮る。
4.
煮汁が少なくなったらみりんを入れ、弱火にして約5分煮る。
5.
煮詰まりかけたら、鍋返しをする。

資料提供 : 滋賀県のおいしいコレクション

郷土料理

  • ヤギ汁

    沖縄県

    ヤギ肉特有の香りが明暗を分ける沖縄の「ヤギ汁」

    ヤギ汁

  • いがみの煮付け

    和歌山県

    「いがみ」とは、ブダイのこと

    いがみの煮付け

  • もみうり

    奈良県

    やわらかくなるまで、きゅうりを塩でよくもんだ酢の物

    もみうり

  • 治部鍋

    石川県

    加賀伝統の高級食材「鴨」の旨みを余すところなく味わいつくす

    治部鍋

魚介

TOPに戻る