えび豆

滋賀県

伝統的郷土料理

海老のように、腰が曲がるまで

えび豆

大豆と小さいエビを煮た料理。「エビのように腰が曲がるまで、そしてずっとマメに暮らせるように」と、お正月のおせち料理などに食されている。川エビは琵琶湖で一年中収穫出来るので、日常食、保存食としても親しまれている。

郷土料理レシピ

[ 4 ]

  • スジエビ200g
  • 大豆200g (ゆで大豆500g)
  • 薄口しょうゆ1/2カップ
  • 砂糖2/3カップ
  • 1/4カップ
  • みりん大さじ2
1.
一晩、塩水につけた大豆を、やわらかくなるまでゆでる。
2.
鍋にしょうゆ、砂糖、酒を煮立たせ、そこにスジエビを加える。
3.
エビの色が変わったら豆を入れて、再び沸騰したら、弱火で20分ほど煮る。
4.
煮汁がなくなったら、みりんを入れて、もう一煮立ちさせる。

資料提供 : 滋賀のおいしいコレクション

郷土料理

  • 庄内笹巻き

    山形県

    端午の節句に欠かせない伝統食

    庄内笹巻き

  • さんまの丸干し

    三重県

    余計な脂の落ちたさんまを、丸ごと干した味わい深い冬の味覚

    さんまの丸干し

  • 深川丼

    東京都

    アサリの味噌汁ぶっかけ丼。ササッと手早く栄養補給に

    深川丼

  • 手打ちそば

    岩手県

    冬には欠かせない細く切った手打ちそば

    手打ちそば

TOPに戻る