えび豆

滋賀県

伝統的郷土料理

海老のように、腰が曲がるまで

えび豆

大豆と小さいエビを煮た料理。「エビのように腰が曲がるまで、そしてずっとマメに暮らせるように」と、お正月のおせち料理などに食されている。川エビは琵琶湖で一年中収穫出来るので、日常食、保存食としても親しまれている。

郷土料理レシピ

[ 4 ]

  • スジエビ200g
  • 大豆200g (ゆで大豆500g)
  • 薄口しょうゆ1/2カップ
  • 砂糖2/3カップ
  • 1/4カップ
  • みりん大さじ2
1.
一晩、塩水につけた大豆を、やわらかくなるまでゆでる。
2.
鍋にしょうゆ、砂糖、酒を煮立たせ、そこにスジエビを加える。
3.
エビの色が変わったら豆を入れて、再び沸騰したら、弱火で20分ほど煮る。
4.
煮汁がなくなったら、みりんを入れて、もう一煮立ちさせる。

資料提供 : 滋賀のおいしいコレクション

郷土料理

  • とうふちくわ

    鳥取県

    質素倹約から生まれたヘルシーフード

    とうふちくわ

  • チャンプルー

    沖縄県

    沖縄の食文化が生み出した夏バテ防止食!

    チャンプルー

  • 桜の花漬

    神奈川県

    7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬け込んだ、優雅な小田原の名産

    桜の花漬

  • わっぱ飯

    新潟県

    素材の味を堪能できる見た目も華やかな逸品。

    わっぱ飯

TOPに戻る