雲南の焼きサバ

島根県

伝統的郷土料理

山間部で味わう海の幸。名物となった理由は?

雲南の焼きサバ

島根県雲南地方は、中国山地にほど近い山間部にありながら、海の幸を使った”焼サバ”が名物。その理由は、冷蔵方法がなかった時代に、日本海でとれたサバを生のまま輸送できる限界地点だった雲南地方で焼いて加工し、さらに奥の山間地域に届けたことにあるようだ。一本丸ごと串に刺して焼くのも雲南地方の焼きサバの特徴で、厚みのあるサバにしっかり火が通るよう背開きにし、強い火力で素早く焼き上げて旨味を閉じ込めている。ふっくらとした身と香ばしい皮のバランスが絶妙で、身をほぐしてちらし寿司やお茶漬けで味わうのもおいしい。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 粕汁

    山形県

    酒処の上質な酒かすの汁で寒い冬も体の芯からぽっかぽか

    粕汁

  • 砂丘らっきょう漬

    鳥取県

    生命力あふれる砂丘らっきょうを、甘さや酸味を抑えてさっぱりと

    砂丘らっきょう漬

  • かきまぶり

    和歌山県

    代々伝わる、田植え休みなどのごちそう

    かきまぶり

  • 芭蕉菜漬け

    岩手県

    ご飯に巻いても、お茶漬けにしても…辛みが良い色鮮やかな新漬

    芭蕉菜漬け

TOPに戻る