寒シマメ漬け丼

島根県

伝統的郷土料理

冬に獲れるスルメイカ「寒シマメ」を、肝醤油で漬け込み丼に!

寒シマメ漬け丼

シマメとは、日本海で獲れた新鮮なスルメイカの事をいう。島根県隠岐郡海士町(あまちょう)では、冬の一番美味しい時期に獲れるスルメイカを、「寒のシマメ」あるいは「寒シマメ」と呼び、特に愛好されている。その寒シマメを、肝と醤油で漬け込みどんぶりにしたものが、この「寒シマメ漬丼」。鮮度の良いイカを使用しているからこそできる、深みある漬け丼として、地元民のみならず、隠岐を代表する土産物としても親しまれている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • いもたき(中予)

    愛媛県

    ねっとりした里芋とオプションの肉が魅力の鍋

    いもたき(中予)

  • いとこ煮

    大分県

    親鸞聖人をしのんでつくられた小豆の煮物

    いとこ煮

  • 切り株揚げ

    埼玉県

    「富の川越いも」をけやきの切り株に見立てた、いもの天ぷら

    切り株揚げ

  • わけぎあえ

    香川県

    春の献立には必ず登場する一品

    わけぎあえ

TOPに戻る