寒シマメ漬け丼

島根県

伝統的郷土料理

冬に獲れるスルメイカ「寒シマメ」を、肝醤油で漬け込み丼に!

寒シマメ漬け丼

シマメとは、日本海で獲れた新鮮なスルメイカの事をいう。島根県隠岐郡海士町(あまちょう)では、冬の一番美味しい時期に獲れるスルメイカを、「寒のシマメ」あるいは「寒シマメ」と呼び、特に愛好されている。その寒シマメを、肝と醤油で漬け込みどんぶりにしたものが、この「寒シマメ漬丼」。鮮度の良いイカを使用しているからこそできる、深みある漬け丼として、地元民のみならず、隠岐を代表する土産物としても親しまれている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • クサギナのかけ飯

    岡山県

    田植えの頃の名物山菜料理

    クサギナのかけ飯

  • うな重

    静岡県

    豊富な水と温暖な気候が生み出す、脂ののった名品をお重で

    うな重

  • せんべい汁

    青森県

    B1グランプリの火付け役、ご当地グルメ!

    せんべい汁

  • 卓袱料理

    長崎県

    円卓に広がる長崎文化の祝宴

    卓袱料理

TOPに戻る