ソーキ汁

沖縄県

伝統的郷土料理

沖縄の味覚に必要不可欠な食材。年齢を問わず不動の人気を誇る

ソーキ汁

沖縄料理に欠かせない豚肉。豚のあばら肉を「ソーキ」といい、骨がついたものを「ソーキ骨(ブニ)」と呼ぶ。「スペアリブ」の別名もあり、沖縄では一番重要な食材といっても過言ではない。ソーキ骨を使った代表的な料理は、水でじっくり煮込んだソーキ骨を醤油や泡盛、黒糖で甘辛く仕上げる煮込みで、家庭の食卓にも並ぶ。長時間煮込むことで余分な脂が落ち、意外にもさっぱりとした味わい。やわらかな身は骨からするりとほどけ、コラーゲンたっぷりの軟骨まで食べられる。「ソーキそば」にも使われる、美容にも効果的な食材だ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • さつま汁

    鹿児島県

    江戸時代より続く、鹿児島県を代表する郷土料理

    さつま汁

  • 法楽焼

    愛媛県

    水軍の栄華を今に伝える豪快な料理

    法楽焼

  • 朴葉みそ

    岐阜県

    厳しい寒さの中から生まれた郷土の味わい

    朴葉みそ

  • さえらのてっぽう

    和歌山県

    脂が少なく、小ぶりな一品

    さえらのてっぽう

TOPに戻る