むかでのり

宮崎県

ご当地グルメ

伝統手法を守り続ける夫婦が作る、日南海岸の貴重な珍味

むかでのり

“むかでのり”の原料は、寒天を作るテングサの一種で、宮崎の日南海岸だけでしかとれない希少な海草だ。色と形がムカデに似ていることからその名がついた。海草を煮詰めて固めた後に、味噌漬けにする。ぷるぷるとした歯応えで、味噌の風味と磯の香りが酒の肴にもあう。現在では地元の中野さんご夫婦が手作り無添加の伝統手法を守り続けているが、近年の環境変化により、材料がとれず作ることができない時期もあるというから貴重な珍味であるといえる。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 盛り出し式わんこそば

    岩手県

    味わいもペースも自分好みで楽しめる、豪華な岩手の名物そば

    盛り出し式わんこそば

  • 温たまらん丼

    鹿児島県

    砂蒸し温泉で茹でた玉子がとろ〜り絡む、美味しくてたまらない丼

    温たまらん丼

  • モダン焼

    大阪府

    広島風とは違う!大阪風を楽しむ変りお好み焼き

    モダン焼

  • あのりふぐ料理

    三重県

    てっさ・てっちり・唐揚げ等の定番料理から、新しい創作料理も

    あのりふぐ料理

TOPに戻る