鰻まぶし丼

愛知県

ご当地グルメ

最初はそのまま、最後は茶漬けで!一杯で2度美味しいうな丼

鰻まぶし丼

手羽先、味噌カツ、きしめん、味噌煮込みうどんなどご当地グルメの宝庫である愛知。その代表である“ひつまぶし”を丼ぶりバージョンにしたのが“鰻まぶし丼”だ。ほかほかご飯が盛った丼ぶりの上には、秘伝のタレをたっぷり絡めた鰻を一口大に切ってのせてある。薬味とダシ汁がついているので、まずは薬味と。しめはダシ汁をかけてふくよかな香りの“うな茶”として楽しむ。こってり、さっぱりと一つで幾通りもの味わいを楽しめるのが魅力。リーズナブルに鰻を楽しみたいとき、ぜひいただきたい気軽な丼ぶりものだ。

資料提供 : ぐるたび

Don

  • あなご飯

    広島県

    明治時代の駅弁が発祥。焼きたてのあなごの蒲焼とアツアツ味ご飯

    あなご飯

  • 背白ちりめん三昧丼

    鹿児島県

    布志湾で水揚げされた背白ちりめんを3つの調理法で味わいつくす

    背白ちりめん三昧丼

  • かま揚げしらす

    東京都

    行列のできるしらす飯。

    かま揚げしらす

  • ひつまぶし

    愛知県

    そのままで、薬味を添えて、お茶漬けで。三つの味を楽しめる

    ひつまぶし

御当地グルメ

TOPに戻る