鮎つけめん

愛媛県

ご当地グルメ

焼いたアユの香ばしい風味が食欲をそそる本格派

鮎つけめん

「伊予の小京都」とも呼ばれる大洲市を流れる肱川。その清流が育んだ“アユ”を使ったご当地メニューの一つが“鮎つけめん”だ。監修したのは松山市の人気ラーメン店「麺鮮醤油房周平」店主の中川周平氏。焼いたアユで出汁を取っているため、スープはほんのり香ばしく魚介の風味が活きている。麺もスープとの相性抜群のちぢれ乾麺を使用。もっちりした麺が焼きアユの風味を感じられるスープに絡んで後を引く美味しさだ。レトルトなのでお土産として手軽に持ち帰れるのも嬉しい。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 阿蘇ハヤシライス

    熊本県

    阿蘇の旨みがぎっしり詰まった絶品ハヤシライス

    阿蘇ハヤシライス

  • 福生バーガー

    東京都

    独特のカルチャーを生み出す街の雰囲気が生んだ、ローカルフード

    福生バーガー

  • むかでのり

    宮崎県

    伝統手法を守り続ける夫婦が作る、日南海岸の貴重な珍味

    むかでのり

  • 夕顔煮

    岩手県

    魅惑の大瓜夕顔煮

    夕顔煮

麺

TOPに戻る