ゆべし

富山県

伝統的郷土料理

保存食・携帯食として定着した加工食品

ゆべし

源平の時代から生まれ、今日の和菓子といったイメージではなく、当時は保存食・携帯食の意味合いが強かった。日本全国に様々な調理法や材料のゆべしが存在するが、南砺市のゆべしはしょうゆを基本とした、ごくシンプルな味付けのものである。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 寒天1本
  • 1個
  • 400g

[ A:調味料 ]

  • しょうゆ大さじ1.5
  • 砂糖大さじ1
  • みりん少々
  • しょうが少々
1.
寒天を洗い、分量の水に入れ、15分位おいた後かきまぜながら煮溶かす。
2.
寒天が溶けたらAを入れ1~2分沸騰させ、とき卵としょうがのしぼり汁を入れてすぐに火を止める。
3.
器に流し込み、冷やし固める。
4.
固まったら好みの大きさに切って盛り付ける。

資料提供 : 越中とやま 食の王国

郷土料理

  • もち膳

    岩手県

    江戸時代から受け継がれる、“もち”づくしのお膳

    もち膳

  • 鮎の魚田

    愛知県

    焦がした味噌が香ばしい田楽。芳醇な香りに、お酒がすすむ。

    鮎の魚田

  • みそポテト

    埼玉県

    秩父では手軽な間食として定番。ホクホク感と甘辛味噌ダレが美味

    みそポテト

  • 呼子いかの活きづくり

    佐賀県

    一杯をさばく時間は30秒!?職人の早業が光る一品

    呼子いかの活きづくり

TOPに戻る