小豆島手延素麺

香川県

伝統的郷土料理

伝統ある手延技術で作った素麺は瀬戸内の麺づくりの神髄が!

小豆島手延素麺

小豆島の素麺作りは、400年ほど前、農作業の暇になる冬の副業として始まる。原料の小麦や塩、麺に塗るごま油も島内産であった。「長さ19?、重さ50g、320〜350本」が小豆島手延素麺1束の規格。小豆島では、虫送りや法事の手伝い、気の置けない同士の集まりや内々で食べる素麺は「千本ばし」で食べる。「千本ばし」とは、にゅう鉢と呼ぶ大きな鉢や上だらいに夏は井戸水、冬には湯を張って浮かし、四方八方から食べ手の箸が延びることからこの名がついた。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

麺

  • 鯛麺

    大分県

    大きな鯛を大皿に盛りつけたおめでたい料理

    鯛麺

  • 那須のそば

    栃木県

    キレのよい風味と歯ごたえ、お店によってはそば打ち体験も

    那須のそば

  • 丸天うどん

    福岡県

    博多うどんの代表選手!大きくて丸いさつま揚げが食べ応え十分

    丸天うどん

  • あこう蕎麦

    兵庫県

    地元粉で作られたブランドそば

    あこう蕎麦

TOPに戻る