いかなごのくぎ煮

兵庫県

伝統的郷土料理

春の訪れを知らせる風物詩「いかなご新子漁」

いかなごのくぎ煮

毎年2月末から約1カ月間行う「いかなご新子(しんこ)漁」で獲れた体長2〜4cmの新子(幼魚)をしょうゆや砂糖、みりん、しょうがで甘辛く味付けした郷土料理。完成品が古釘に似ていることから、「くぎ煮」と名づけられたとのこと。発祥は諸説あり、鮮魚店がお客様の要望により作り始めたという説や、神戸の網元が従業員に食べさせたのが始まりという説などがある。いかなご新子漁が終わる毎年3月頃には、スーパーにところ狭しと積み上げられる。土産物店での取り扱いもあり、お土産としての人気も高い。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ちゃげえ

    新潟県

    佐渡で昔ながらに食べられている伝統インスタント食?

    ちゃげえ

  • 切り株揚げ

    埼玉県

    「富の川越いも」をけやきの切り株に見立てた、いもの天ぷら

    切り株揚げ

  • 下北みそ貝焼き

    青森県

    ホタテや海藻など海の恵みを卵でふんわりと

    下北みそ貝焼き

  • はもすき

    兵庫県

    玉ねぎの甘みとハモの旨味溢れるだし汁が見事に調和

    はもすき

魚介

  • サバの煮付け

    大阪府

    しょうゆ味で仕立てられた昔ながらの庶民の味

    サバの煮付け

  • みりん干し

    長崎県

    熱々ご飯や酒の肴にぴったり。甘いタレが香ばしい旨みの宝庫

    みりん干し

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

  • しもつかれ

    栃木県

    無病息災の行事食。「しもつかれ」を食べ歩いて健康に!

    しもつかれ

TOPに戻る