きらずもち

高知県

伝統的郷土料理

佐川町尾川地区だけで作られていた餅

きらずもち

豆腐を作るときにできる大豆の絞りかすである「おから」を昔は、「きらず」と呼んでいた。 昔は正月前には必ず豆腐を作っていた。大豆を挽いてくれる請け引きの家があり、各家から大豆1升をもっていき、大豆を挽いてもらっていた。豆腐を作るときにできる「おから」できらずもちを作り、豆腐同様、正月に食べていた。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]80個分/[:en]Makes 80[:de]80個分/[:ru]80個分/[:es]80個分/[:fr]80個分/[:it]80個分/[:ko]80個分/[:th]80個分/[:zh]80個分/[:ch]80個分/[:]人前

  • おから1kg
  • もち米1kg
  • 30g
  • 砂糖500g
  • 小豆あん80個分
  • きな粉適宜
1.
水につけておいたもち米を水切りして蒸す。
2.
おからは、米とは別に軽く蒸しておく。
3.
蒸したもち米を搗き、きれいに搗けたらおから、塩、砂糖を入れてさらに搗く。
※もちを搗くときによもぎを入れて搗いたり、丸めた餅にきび粉をつけてもおいしくいただけます。
4.
ボウルに搗いたもちを移し入れ、手水をつけながら適当な大きさにちぎり、あんを入れて丸め、きな粉をつける。

資料提供 : おいしい風土こうち

郷土料理

餅・団子

  • いりもち

    高知県

    仁淀村の手作りおやつ

    いりもち

  • 焼きまんじゅう

    群馬県

    口いっぱいにほおばった子供の頃を思い出す、群馬懐かしの味

    焼きまんじゅう

  • よもぎ餅

    愛知県

    縁起を祈願し食す春の風物詩

    よもぎ餅

  • とちもち

    富山県

    縄文時代から食されたと言われる栃の実を使用した

    とちもち

TOPに戻る