鮎めし

栃木県

伝統的郷土料理

魚の香りと旨味がご飯にしみこんだ逸品

鮎めし

清流に育つ鮎は栃木県の貴重な食材で、祭りや事日に振る舞われる。炊き込み用の鮎は、素焼きを使うこともある。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 3カップ(450g)
  • 生鮎4匹

[ 炊飯用調味料 ]

  • 1/2カップ
  • しょうゆ大さじ1
  • 小さじ1/2
  • 2と1/2カップ
  • しょうゆ小さじ1
  • 青じそ5枚
  • しょうが(針しょうが)10g
  • 素焼鮎 飾り用(なくても良い)3〜4匹
1.
米は洗って、炊飯用の調味料と水を浸漬し30分ほどおく。
2.
鮎は、わたをとり除く。
3.
①の米に鮎をのせ普通に炊く。
4.
炊きあがったら頭と骨を取り除き、ご飯と鮎の身をほぐして、よく混ぜ合わせる。
5.
しょうゆ小さじ1をふりかけ、混ぜ合わせ、再度炊飯スイッチを入れむらす。
6.
器に盛り、青じそのせん切りと針しょうがをのせる。
7.
素焼鮎を飾る(好みで)。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

Don

郷土料理

  • 下仁田ねぎ料理

    群馬県

    火を通してトロっとした食感と
    独特の甘さを実感できる料理の数々

    下仁田ねぎ料理

  • ふく料理

    山口県

    伊藤博文「お墨付き」。下関のふく(福)料理

    ふく料理

  • ヒルアギ

    鹿児島県

    にんにくの香りがたまらない、スタミナ満点の奄美風野菜炒め

    ヒルアギ

  • ワニ料理

    広島県

    広島ではワニとはサメのこと。ハレの日に食べる山間部のごちそう

    ワニ料理

TOPに戻る