いぎす

鳥取県

伝統的郷土料理

磯の香り豊かな精進料理

いぎす

「えごのり」とも呼ばれる「いぎす草」をとろ火で煮とかし、容器に入れて固めた料理。凝固剤などを加えなくても自然に固まる寒天やところてんと同じ原理である。ごまを振りかけて、酢味噌やしょうが醤油で食す。見た目は羊羹のようだが、食べると磯の香りが口いっぱいに広がり、独特の食感が楽しめる。

郷土料理レシピ

[ 固めに作る分量(30〜40㎝位のバット一杯分) ]

  • いぎす草100g
  • 7カップ

[ 柔らかめに作る分量(30〜40㎝位のバット一杯分) ]

  • いぎす草80g
  • 8カップ
1.
いぎす草に石づきや砂などがあるので、たたいて取り除く。
2.
きれいになるまで水洗いをして、ざるにあげ、雑草やゴミを取り除く。
3.
鍋にいぎす草と分量の水を入れて火にかける。
4.
煮立ったら中火にして10~15分煮る。
5.
草がよくとけたらすりこ木で10~15分位よく練り上げる。
6.
糊状になったいぎすを容器(バット)に流し込み固める。(冷蔵庫に入れると早く固まる。)

資料提供 : 食のみやこ鳥取県 とりネット

郷土料理

  • いもこ汁(庄内風)

    山形県

    庄内では海岸で鍋を囲む。豚肉と味噌仕立て

    いもこ汁(庄内風)

  • 酒盗(しおから)

    高知県

    貴重な原料を漬け込み熟成させた、土佐生まれの酒の肴

    酒盗(しおから)

  • タコ飯

    愛媛県

    旬のタコをご飯に炊き込んだ漁師飯

    タコ飯

  • 鮎料理

    宮崎県

    五ヶ瀬川の清流で育まれた親鮎を楽しむ秋の風物詩

    鮎料理

TOPに戻る