がめ煮(大分県)

大分県

伝統的郷土料理

大鍋でつくった鶏の煮込み

がめ煮(大分県)

日田地方のハレの料理。昔は、どこの家でも鶏を飼っていて、お正月やお祭り、祝い事やお客様の時には必ずつくられた。おくんちにも欠かせない。昔はすっぽんを入れていたので、がめ(亀)煮の名がついたと言われている。
鶏肉は骨付きのぶつ切りを使うのが決まりで、鶏の足も使う。器に盛りつけた後、鶏に見えるように肉をのせた。現在はご馳走ではなくなり、鶏の足は入れなくなったが、今も日田の人々の毎日の食卓にのぼっている。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 鶏肉500g
  • 里芋200g
  • こんにゃく1丁
  • にんじん1本
  • ごぼう2本
  • れんこん1節
  • 干ししいたけ10枚
  • しょうが少々
  • 砂糖大さじ4
  • 大さじ2
  • しょうゆ1/2カップ
  • だし汁2カップ
  • 大さじ2
1.
にんじん、れんこん、里芋は皮をむき、乱切りにする。
ごぼうは皮を取り、大きめのささがきにしてアク抜きする。
2.
干ししいたけは水でもどす。
こんにゃくは湯に通し、一口大にちぎる。
3.
鶏肉は野菜の大きさにそろえて、一口大に切る。
4.
鍋に油をいれ、鶏肉と野菜を炒める。
だし汁を加えて中火で煮る。
5.
材料がやわらかくなったら、砂糖、しょうゆ、酒を加えて、煮汁がなくなるまで煮る。
火から下ろす直前に、しょうがのみじん切りを入れる。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

煮もの

肉

郷土料理

  • 柿の葉寿司(佐賀県)

    佐賀県

    代表的なおくんち料理

    柿の葉寿司(佐賀県)

  • さばのなれ寿司

    和歌山県

    チーズのような香りと独特の風味。一度はまったらクセになるかも

    さばのなれ寿司

  • 中身の吸物

    沖縄県

    祝い事には欠かせない沖縄の伝統料理

    中身の吸物

  • まめぶ

    岩手県

    まめで達者に暮らせるようにとの願いを込めた豆粒大の団子

    まめぶ

TOPに戻る