すこ

福井県

伝統的郷土料理

お祭りには不可欠の鮮やかな赤が目を引く料理

すこ

奥越では、報恩講や祭りに欠かせない料理。
里芋の中でもズイキが赤く染まる品種の八つ頭の茎をつかう。八つ頭は水を好む品種で、奥越のような水田での里芋栽培に適している。どこの農家でもすこ専用に八つ頭を栽培している。昔から古い血をおろすものとして食べられ、干して長期の備蓄に耐える保存食として作られることも多い。

郷土料理レシピ

  • 赤ズイキ1kg
  • 小さじ4
  • 砂糖200g
  • 1.5カップ
1.
赤ズイキの皮をむき、3cmぐらいに切る。
2.
塩をふって、軽くもむ。
3.
大鉢に砂糖と酢を合わせて、甘酢をつくる。
4.
鍋を熱して、ズイキを入れて、から炒りする。
5.
しんなりしたら、熱いうちに大鉢の甘酢の中に入れ、ふたをして冷めるまで、そのままにしておく。
6.
白ごま又は枝豆をちらすこともある。

資料提供 : 再発見!福井の食

郷土料理

  • 寒漬

    山口県

    厳しい冬の寒さの中で作られる、醤油ベースの奥深い味わい

    寒漬

  • 馬刺し(熊本県)

    熊本県

    低カロリー高タンパク、切り口が鮮やかな「桜肉」

    馬刺し(熊本県)

  • 打ち豆汁

    滋賀県

    栄養価の高い大豆を使った冬積雪地帯の味

    打ち豆汁

  • あまご料理

    三重県

    初夏が旬の涼しげな魚。川魚の女王と呼ばれ、食し方も様々

    あまご料理

TOPに戻る