けいらん(岩手県)

岩手県

伝統的郷土料理

寒い冬にピッタリのもてなし料理

けいらん(岩手県)

鶏卵の形のお団子をお椀に入れ、熱いゆで汁を注いだもの。
冬の寒さを吹き飛ばす遠野の郷土料理。
小正月や来客のもてなしに供される。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • もち粉140g
  • 熱湯100cc
  • 打ち粉(もち粉)少々

[ こしあん ]

  • 小豆42g強
  • ザラメ62g強
  • 1g強
1.
(皮をつくる)
もち粉に少しずつ熱湯をそそぎ、耳たぶくらいのかたさにこねる。
2.
(あんこをつくる)
小豆は洗って、一晩、水につける。
3.
つけた水ごと鍋に入れて煮る。
沸騰後10分ぐらい加熱して火を止め、自然に冷ます。
4.
小豆が浸る程度に水を加え、火にかける。
これを3回くりかえし、小豆が指でつぶれるまで煮る。
5.
ザルでこし、ザルにのこった小豆を捨てる。ザルの下の液体をつかう。
さらに木綿袋で水をよく絞り、きめの細かいあんこをつくる。
水を入れながらこすと、こしやすい。
6.
5.を鍋にいれ、ザラメを加えて火にかけ、よく煮詰める。
ザラメは3回ぐらいに分けて入れると煮詰める時に、飛び跳ねにくい。
角がたつくらいにかたくなったら、塩をいれて、鍋の底からよくかき混ぜる。
7.
(仕上げる)
あんこを2cmくらいの大きさに丸める。皮は12等分にする。
8.
手のひらに皮を1つとり、打ち粉を外側につけて、平にのばす。
あんこを入れて、うずらの卵くらいの形につつんで、口をしっかり閉じる。
9.
沸騰したお湯に入れ、弱火で3分煮る。
上に浮いてきたらすくって、ゆで汁と一緒にお椀に盛る。

資料提供 : 岩手県 農林水産部 農業普及技術課

汁もの

郷土料理

  • 雲南の焼きサバ

    島根県

    山間部で味わう海の幸。名物となった理由は?

    雲南の焼きサバ

  • もろこの箱寿司

    愛知県

    見た目と違い美味なる淡水魚を、箱寿司にした北西部の郷土料理

    もろこの箱寿司

  • 柚餅子

    長野県

    ずっと美味しく食べることができる優れた保存食

    柚餅子

  • 鯖飯

    和歌山県

    山間地域の定番ご飯

    鯖飯

TOPに戻る