ぶっかけうどん

岡山県

伝統的郷土料理

温冷、具の種類など様々な味のバリエーションが存在する名物料理

ぶっかけうどん

茹で上げたうどんに、様々な具材や薬味を乗せ、その上に少量のだし汁をかけたもの。麺・汁が温かいものと冷たいものが存在し、他地域のぶっかけうどんより具・薬味が多く、また乗せる具もバリエーションに富んでいるのが特長。各家庭それぞれのぶっかけうどんが存在するといわれている。汁に関しては、味が濃いのが特長。特に甘味が強く、蕎麦つゆの影響が強く伺える。また他地域ではおろし生姜が薬味として使用されるが、倉敷ではおろし山葵が使用される。(家庭・店舗によっては生姜も使用)これも蕎麦の影響と思われる。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • かてそば

    栃木県

    春から夏、冬で変わるそば

    かてそば

  • へぎそば

    新潟県

    織物文化から派生してできた布海苔のそば!

    へぎそば

  • 子育てだんご汁

    大分県

    元気な子供を育てるための産婦の食事

    子育てだんご汁

  • ヤギ汁

    沖縄県

    ヤギ肉特有の香りが明暗を分ける沖縄の「ヤギ汁」

    ヤギ汁

麺

TOPに戻る