お好み焼き(大阪府)

大阪府

ご当地グルメ

起源は「一銭洋食」!?屋台や出店で定番の一品

お好み焼き(大阪府)

小麦粉を水で溶いた生地にすりおろした長いもを加え、キャベツ、お好みの肉類や魚介類を入れ、鉄板で焼き、上にドロっとした甘口のソースを塗り、お好みで鰹節、青のり、マヨネーズをかけて食べる料理。起源はよく伝わっていないが、戦前から屋台で「洋食焼き」と呼ばれて親しまれており、当時1枚1銭で食べられたため、「一銭洋食」とも呼ばれていた。以来、戦後には肉類が高かったため、キャベツや魚介類に具材が変わっていったが、現在まで愛されている大阪を代表する味である。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 高菜ライス

    福岡県

    いわゆる高菜チャーハンのこと。福岡県民はこう呼びます

    高菜ライス

  • 黒豚のとんかつ

    鹿児島県

    豚肉の芸術品「黒豚」を旬の野菜と食せばビタミンパワー全開

    黒豚のとんかつ

  • 盛岡じゃじゃ麺

    岩手県

    中国うまれの盛岡育ち、甘辛い肉味噌が特徴の平打ち麺

    盛岡じゃじゃ麺

  • ほやの水物

    青森県

    ご当地ならではの食べ方!夏といえば「ほやの水物」

    ほやの水物

TOPに戻る