はたはた寿司

秋田県

伝統的郷土料理

冬の保存食として作られてきた、秋田を代表する食材の一つ

はたはた寿司

厳寒の日本海の荒波が育む名物はたはたは、秋田音頭の歌詞にも登場しているほど、秋田を代表的食材。そのはたはたを使った寿司の一種がはたはた寿司。はたはた漬けと言う場合もある。そのルーツは古く、元禄年間(1688〜1704年)の出版物『日本諸国名物尽』にも紹介されている。作り方は塩漬けのはたはたを塩出しした後、麹を混ぜたご飯・カブやニンジンなどの野菜・昆布などとともに桶に詰めて漬け込んで出来上がり。地元の農家では冬の保存食の一つとして作られてきたが、現在は通年にわたり各店で買うことができる。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • こづゆ

    福島県

    「会津人のもてなしの心」が会津椀につまる

    こづゆ

  • つけあげ(さつまあげ)

    鹿児島県

    漁村で獲れた魚を、保存性の高い揚げ物に

    つけあげ(さつまあげ)

  • ラフテー

    沖縄県

    法事や客膳料理には欠かせない一品

    ラフテー

  • けの汁

    青森県

    津軽の七草粥ともいわれる小正月の精進料理。

    けの汁

TOPに戻る